消費者金融は一般人みんなの味方です。

東京証券取引所は、東京の中央区日本橋にあり毎日のように様々な金融商品の取引を行っています。ニュースやテレビ番組の中で、東京証券取引所の内部の様子が映し出されることが多いので、映像を見たことがある人もいると思います。

ただし、どんな取引を行っているのか詳しいことは一般の人には分かりませんね。きっと頭の良い専門知識のある方々が働いているのでしょう。私達一般人みんなの分かりやすい金融商品といえば、キャッシングなどでしょうか。アコムやプロミスといった消費者金融の名前を良く聞くことがあると思います。

消費者金融では、客の希望額に応じて店頭窓口で審査や手続きを行います。初めてお金を借りる方にも窓口のスタッフが丁寧に説明をしてくれるようなので、気軽に店頭に行くことができます。金融商品は色々ありますが、借金はあまりしたくないものですね。お金を借りずに自分の稼ぐ力だけで上手く生活していければ素晴らしいでしょう。

 

お金を借りる前に各社のスケールを確認

人々がお金を借りるニーズは、突如発生する事もあります。いわゆる交通事故などが原因で、急ぎでお金が必要なケースも珍しくありません。その場合は、いわゆる金融業者から借りるケースがほとんどです。消費者金融などは金利は高めですが、急ぎでお金が必要な時には大変便利です。

ところでそのような業者から借りる時には、たまに不安を覚えている方も見られます。例えば業者からの取り立てです。金融業者から借りると、怖い取り立てが来るのではないかと不安を抱いている方も見られるのです。しかし、それは特に問題無いです。最近の金融会社は、社内ルールなどを厳格に決めています。上記のような怖い事を行うのを禁止している会社が多いのです。

もしも心配な時には、業者のスケールに着目してみる方法もあります。それぞれの金融会社によって会社規模なども異なりますが、大規模な会社の場合は安全な傾向があるからです。事前に公式サイトなどで確認をしておくと、安心感を得られる傾向があります。

 

実は審査って甘いのかも

カードローン契約を利用しようと考えた時にキャッシング会社だろうが銀行のカードローンだろうが審査を通過しないといけません。この審査で貸す側はこの人に返済能力があるかとか、毎月キチンと返済出来そうか等審査のノウハウを元に判断していきます。この審査で借入限度額が決まっていきます。

がこの審査は本当に厳しいのでしょうか?この審査をクリアして少しでも借入限度額を上げる裏ワザはないのでしょうか?例えば年収が一定額以下ならば収入証明がいらない事があります。という事は裏を返せばそこまで収入を水増しして申請しても審査の目をすり抜ける事は不可能ではありません。

うまくいけばそれだけ借入限度額は上に上がることになります。しかしこれはハイリスクな裏ワザです。借りたは良いけど自身の返済能力ではどうしようもなくなってしまうかもしれません。ですから甘い考えは一切捨て全て本当の事をさらけ出して審査に臨まないと後々後悔することになるかもしれません。

審査が甘いおまとめローン、と言われているものについても同じことが言えるのではないでしょうか。結局は身の丈に合った金額で申し込むことが審査の通過に関して言えば最も近い道になるのです。

 

新車購入のカーローンはそれぞれ特長があります

車を新車で購入する場合のデイラーのカーローンは、適用金利が車種やキャンペーンによって違ったりする通常ローンと、残価設定ローンが使えたりするという特長があります。後者の場合は、月々の支払額を出来るだけ抑えながら、新車を乗り継いで行きたいという方に向いていますが、通常ローンに比べて適用金利が高いのと最終支払い総額が少し多くなるというデメリットがあります。

しかし、多少金利が高くても月々の支払額が少なくて済むので、数年後に設定した残価の期限到来時には必ず車を返却するという方には向いたカーローンと言えます。但しこのローンは同時に返却する時の車の状態によって新たな負担が生じるという問題点があります。

私は以前スポーツタイプの新車購入の際にこの残価設定ローンを利用した事がありますが、最終返却年に向かって車を傷付けないように最新の注意を払って運転していた記憶があります。返却した時はほっと胸を撫で下ろしました。